100%使える!恋愛心理テクニック2選

-shared-img-thumb-TSU952_ameagenai_TP_V

テクニック1

異性から好感をもたれる質問は次のどちらでしょうか?

A「理想のタイプってどんな人?」
B「嫌いなタイプってどんな人?」

この質問にはAと回答する人が圧倒的に多いです。もちろんAも盛り上がる話です。

ただ、答えはBです。

カタルシス効果という心理効果が働きます。人というのは、自分の持っている不安感やイライラを吐き出すことで安心や安堵感を得られる生き物です。

その時に目の前にいるだけで、「あ、この人、私のネガティブな話を聞いてくれるんだ」ということで好感が持たれるのです。よく愚痴を聞いてくれる人は話しやすかったりしますが、あれもカタルシス効果の一つというわけです。愚痴を引き出すくらいの感覚がちょうどよいのです。

テクニック2

気になる異性から「どうして恋人がいないんですか?」と聞かれたら何と答えるべきでしょうか?

これ1個覚えるだけで、恋愛偏差値がぐっと上がります。

悪い回答例
・なんでだと思う?
 質問に質問で返したら「知らねーよ!」という話です。一番めんどくさいパターンなんです。自分を相手と置き換えたらわかりますよね。年齢を聞かれて「いくつだと思う?」と返す人はうざったいです。

模範解答
「2年間は仕事だけ頑張るって決めてたから」

心理効果の「傷モノ効果」というものがありまして、例えば定価5万円のジャケットが1万円で売ってても買いませんよね。安い理由がわからないですから。

しかし、ジャケットの裏のタグに傷を入れて、「この傷があるからこのジャケットは1万円なんです。」と言うと売れるんです。

つまり何が大事かというと、理由を明確にすることで相手が安心するということです。ですので、質問の答えは「2年間片思いしてたから」でも別にかまいません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る